携帯ブン投げ祭りで世界新記録誕生!?

2092

先日閉幕したロンドンオリンピックでは4×100メートルリレーでウサイン・ボルト率いるジャマイカチームが36秒84の世界新記録を樹立しました。また、マサイ族出身のケニア「デービット・ルディシャ」も800メートル走で1分40秒91の世界新記録を達成しています。世界最高峰の舞台で世界記録で世界一になる。こんなに素晴らしい事はありません。

オリンピックに負けない世界大会が、先日フィンランドで行われた「携帯電話ブン投げ大会」です。携帯電話をブン投げてその距離を競う大会で、13年の歴史を持ちます。今回その「携帯電話ブン投げ大会」で見事優勝したのは、エレ・カルジャライネンさん。その記録はなんとNokia端末で101メートル。東京ドームの両翼からホームベースまで100メートルと言う事を考えると、恐ろしい強肩だと言う事がわかると思います。まさにレーザービームです。

当然世界記録だろうと思いますが,ベルギーに102メートルと言う記録が存在しているそうです。但しこの記録は公式記録として認められないと言う声もあるそうで、エレ・カルジャライネンさんの記録は現在のところ「暫定世界記録」のようです。これから携帯電話ブン投げ審議委員会により厳正なる審議が行われる模様です。

ここまで読んで、皆さんは「なぜ携帯電話を投げなければならないのだろう」と思った事でしょう。携帯電話依存社会へのアンチテーゼなのか、はたまた携帯電話が嫌いなおじいちゃんが始めた大会なのか。その答えは参加すればおのずと見えてくるかもしれません。彼女の携帯電話をこっそり持ち出して投げてやりたい,そんなあなたは来年の携帯電話ブン投げ大会に参加しましょう。エントリーは既に始まっています。カルジャライネンさんも「ライネンはお前の挑戦を待ってるぜ!」とあなたの挑戦を待っています。

 

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ