コルク材をまとったプレーナー(平削盤)でスマートクールに木工作業

291
未定 詳細なし

これからは、木工作業もおしゃれに行う時代。無機質でラギットなイメージがある木工作業ツールまでモダンなデザインへと進化しています。

Mario Weiss氏が考案したプレーナー(平削盤・カンナ盤)は、まるでおしゃれなインテリアの一部!

ツール特有のかたさをコルク材でやわらかく

DIY作業に使うツール類はあくまでもツールであって、性能は問われるもののそのデザインが問われることはほとんどありません。Weiss氏はそこに目をつけて、性能は保ちつつ、より楽しく作業できて、見た目にもかっこいいツールを生み出しました。

Weiss氏のプレーナーは、CPCと呼ばれる分解性コルク素材で覆われていますが、これはデザイン性が高いだけではなく、木工作業中に発生するノイズや振動を吸収する役目もしっかりと果たしています。

また、ハンドル部分には、右利きであっても左利きであっても、手や腕に負担をかけることなく作業ができるようなエルゴノミックデザインが採用されています。木工作業に慣れていない人がよく感じる作業後の筋肉痛を心配する必要もありません。

このプレーナーは電池駆動で、使用方法も簡単。ハンドル下についている安全バーとスタートボタンを同時に押すことで始動し、安全バーをリリースすると停止します。

このプレーナーを使って作業する夫は、いつもと違ってなんだかかっこよく見えてきて、妻はうっとり。このプレーナーなら、家に置いても汚くないし、むしろおしゃれなインテリア風だし。こんなに素敵なツールなら買っていいわよ、と今後は欲しいDIYツールのおねだりも案外うまくいくかも?

注:本製品は現時点ではまだコンセプトモデルです。

参照元:Yanko Design

この記事をシェア
0 0
記事のタグ