どう考えてもクレイジー 戦没者を追悼する宙づりハンモックの会

1214
未定 詳細なし

高所恐怖症の人には絶対理解できない、年に一度のハンモックイベントがある。その名はHighline Meeting Monte Piana(国際高圧線ミーティング@ピアナ山)と言い、イタリアンアルプスの山間部上空何千メートルもの空中にハンモックを吊るして、そこで一夜を過ごすというもの。これを世界一クールなソーシャルグループだと言う人もいる。

monte-piana-hammock02

第一次世界大戦での激戦区、ピアナ山での追悼イベント

アレッサンドロ・デミリア氏とアーミン・ホルツァー氏が中心となり2012年から毎年行なわれているこのイベントは、第一次世界大戦中ここイタリア北東部ピアナ山で命を落とした1万8千人の兵士を追悼する意味が込められる。ちょうど100年前には手榴弾や苦難でいっぱいだったこの地を、友情と平和で埋め尽くすというのが彼らのミッション。

どうやって眠りにつくの?様々な形の「平和」を楽しむ冒険家ら

3度目の今回は、世界中から26名の冒険家らがやってきた。山間には17の色とりどりのハンモックがかかげられ、まるで山の間にかかる虹のよう。写真を見る限り、皆ハンモックの上で適当に新聞を読んだり楽器を演奏したりと楽しみ方は多種多様。イベントに参加すること自体皆高い所が大好きなのは理解できるが、どうやって彼らが「マジカル・サイレンス」の中、地上何千メートルで眠りにつけるのかの頭の構造は不明。命綱はついてそうだが、トイレはどうするのだろうか?

参加するならフル装備で!

キャンピングハンモックという専門のハンモックがあるようだが、こんな危ない場所にかけるものなので頑丈なものを購入するのが身のため。このイベントのスポンサー店Ticket to the Moon(http://ticketothemoon.com)では同イベント用ハンモック他、様々なキャンプグッズが購入可能。ウェブサイトではイベントのフォトギャラリーも公開されている。同イベントには様々なスポンサーがついており、世界的な人気の度合いを示している。

今年の開催は9月の10日から15日までだったが、おそらく来年も同時期に行なわれるのでは?特に何千メートルの空中でなくても、通常のハンモックイベントとして参加できるようなので、実際に参加してみたい人は、彼らのフェイスブックページ(www.facebook.com/highlinemeeting)もしくはウェブサイト(http://highlinemeeting.com)をチェックしてみよう。

参照:LOST AT E MINOR

この記事をシェア
0 0
記事のタグ