歩けない友達をおんぶして学校へ 中国ネット民が称える少女の頑張り

2548

ある少女の頑張りが中国で称賛されています。南部湖南省で暮らすホァ・チンジアオさん(13歳)がネットユーザーから「最も素晴らしい小学生だ」と注目される理由は、小児麻痺(ポリオ)で足が不自由なクラスメートのホァ・イィンホゥイさんを背負い、共に登校してきたからです。

香港のニュースメディア・東網が報じました。

ポリオとはどんな病気なのでしょう。厚生労働省検疫所FORTHホームページによると、主に5歳未満の小児の口の中にポリオウイルスが入り、腸の中で増殖して感染します。200人の感染者のうち1人に麻痺が起こるとされ、麻痺から完全に回復する方法はありません。

14年現在、感染リスクのある国はパキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアの3カ国。

gigamen_Most_wonderful_elementary_school_in_China01

行政が車いすを送った後も、進学しても変わらずに。

パワフルなチンジアオさんが友達をおんぶし始めたのは9歳の頃。イィンホゥイさん一家は貧しい暮らしのため、娘を学校に連れていけませんでした。地方自治体が昨年秋に車いすを支援してからは、チンジアオさんが車いすを押して登校し、イィンホゥイさんを背負って2階の教室まで送り届けるのが習慣になりました。

gigamen_Most_wonderful_elementary_school_in_China02

「チンジアオさんの小さい肩は私を空に近付けてくれた」。自分の手で書いた文字により感謝を伝えたイィンホゥイさんは小学校を無事に卒業し、9月から初級中学校に進学します。イィンホゥイさん一家は授業料を納めるのが困難と伝えられている中、チンジアオさんは今後も世話を続けると表明しています。

参照元:On.cc

この記事をシェア
0 0
記事のタグ