熱帯夜の日に効く、快眠のための6つのtips

2146
未定 詳細なし

8月に入り、寝苦しい日が続いています。そして、ついついエアコンのリモコンに手が。。なんてことありませんか?いったいどうすれば、「暑い→寝苦しい→エアコン→体調が悪い」のスパイラルから抜け出せるのでしょうか。

お悩みのあなたさまに、簡単に出来る6つの快眠tipsを紹介いたします。

1.ベッドを冷やしましょう

部屋の気温は関係ありません、寝るとき、そう、ベッドさえ冷たければいいのです。

2.枕を凍らせよう

寝る前に2時間ほど冷凍庫に入れておいた枕を使うことで、熱くなっている頭を冷やせるそうです。

3.冷たいシャワーを浴びよう

寝る前に水浴びをすることで、体幹の温度が上がりにくくなるそうです。

gigamen_Sleep_on_a_Hot_Sweaty_Night01

4.適度な水分を取ろう

脱水症状が大きく眠りを阻害するそうです。そうならないためにも、寝る前に水分をしっかりと取っておきましょう。くれぐれも飲みすぎには注意してください。

5.ダウンの掛け布団にしてみよう

軽く、通気性のいい掛け布団が熱を逃がしやすくしてくれるようです。

6.運動用の服を着て寝よう

裸で寝ればいいのでは!と思われる方もいそうですが、逆効果なのだそうです。少しピチっとしたパジャマを取り入れましょう。 どうでしたか?簡単にできるものばかりですよね。

ご紹介した6つのtipsを取り入れて、この寝苦しい夏の夜を乗り切りましょう!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ