何かを連想させる!立派な岩の写真を用いたカレンダーが発売中

886
19.99ドル(約2200円)詳細ページ

面白おかしい2020年カレンダーを探している人は必見。米国発、見る人によっては「何か」を思い浮かべる、形の良い岩の写真を大々的に使用した壁掛けカレンダー『Nature’s D’ck Pics 2020 Wall Calendar』がAmazon.comで大好評発売中です。

上半分は写真、下半分は豆知識入りカレンダー

『Nature’s D’ck Pics 2020 Wall Calendar』の上半分には立派にそびえ立つ岩の写真が使われています。「何か」を連想させる形の岩は実在します。写真の右下に国・州(国立公園名)・写真の撮影場所を示す数字が書かれているので、米国やオーストラリアの国立公園、アイスランドなどに向かい、カレンダーの写真と同じ構図で写真を撮ることが(一応)可能です。

どうしても美しい岩の写真部分に目が行きがちですが、下半分のカレンダー部分も見逃せません。日付の右下に「バレンタインデー」や「父の日」といった祭日・記念日はもちろん、「アンセル・アダムス(20世紀の米国の写真家)の誕生日」や「ドーナツの日」などの豆知識も記されています。また、月の満ち欠けも書かれており、新月・半月・満月が見える日を教えてくれます。

秋に翌年のカレンダーを買う人と地球に優しい

Amazon.comのカスタマーレビューで5点満点中4.7点を獲得している『Nature’s D’ck Pics 2020 Wall Calendar』。紙のカレンダーをまだ購入していない(冗談が通じる)友人にプレゼントしてみてはどうでしょう。美しい岩の写真と豆知識が散りばめられ、地球に優しい再生紙が使われていることを説明すれば、「ふざけているだけではない」と思ってもらえるはずです。

展開時の大きさが縦43cm×横28cmの壁掛けカレンダーはボーナスページとして2019年9月から12月までのページも付いています。これは秋頃に翌年のカレンダーを買う人には有難い配慮です。気はかなり早いですが、「何か」を連想させる形の岩の写真を集めたカレンダーの2021年版に期待せずにはいられません。

参照元:Amazon

この記事をシェア
0 0
記事のタグ