温度や湿度の変化が気になる季節 お手軽モニタリング装置

2169
$179 (約1万4500円) 詳細ページ

夢は気象予報士という人。子どもの自由研究の手伝いをしたい人。理由はともかく、部屋の二酸化炭素濃度を調べたい人。近隣の騒音に悩まされている人。温度や湿度の変化に敏感な人。以上のどれかに当てはまっているのなら、今回紹介するアイテムを頭の片隅に入れておいても。

天気の移り変わりや空気中の成分をモニタリングする『パーソナル気象観測装置 (Netatmo Weather Station) 』。集計した情報はiPhoneとiPadで確認できる。かつては気象庁ぐらいしかできなかったことが、個人でできることに。把握できるデータは「温度」「湿度」「二酸化炭素濃度」「騒音」など多岐にわたっている。リアルタイムの環境変化を逐一知ることができるので、ある場所の天気のパターンを集計するといった使い方も可能。

パーソナル気象観測装置は室内用と室外用の2種類が用意されているが、どちらもエレガントなデザインになっている。ただ海外の製品なので、温度表示が摂氏ではなく華氏なのが気になるところ。案外見落としがちだが。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ