「誰が玄関先にいるか」をスマホから確認できるドアホン

828

玄関のチャイムが鳴った時、スマホさえ持っていれば、トイレの中にいても布団にくるまっていてもチャイムを鳴らした人の顔を見ながら対応できます。フランスのNetatmo社が1月、カメラとセンサーを内蔵したスマートドアホン『Smart Video Doorbell』の紹介動画を公開しました。

宅配便の配達員を減らし、不審者を追い払える。

『Smart Video Doorbell』は専用アプリをインストールしたスマホを親機として使用します。つまり玄関先に設置した子機の呼び出しボタンが押されれば、スマホ画面に子機内蔵カメラからの映像が表示されるので、スマホを見ている場所で誰がチャイムを鳴らしたかが分かるのです。知り合いや宅配便の配達員なら玄関へ直行し、勧誘業者ならその場所から動かずに無視しましょう。

『Smart Video Doorbell』は外出中でもチャイムが鳴ったことがスマホに通知されるので、その場でチャイムを鳴らした人の顔を見ながら応対できます。宅配便の配達員が訪れた時は荷物の扱いをその場で決めましょう。もし外出中に不審者が玄関先に現れたら、子機内蔵センサーが探知し、スマホに通知してくれます。スマホのマイクと子機のスピーカーで驚かせ、退散させましょう。

ストーカーに悩んでいる人にもうってつけのドアホン。

スマホとコンパクトな子機(縦13.5×横4.5mm)で構成される『Smart Video Doorbell』の発売時期は2月上旬時点では未定。玄関先を訪れる宅配便の配達員から不審者まで完璧に把握できるスマートドアホンは一定の人気を得そうです。ストーカーに悩んでいる人にも最適。内蔵カメラが捉えた来客の映像は録画されるので、警察に相談する際に役立つはずです。

https://www.netatmo.com/en-us/security/doorbell

この記事をシェア
0 0
記事のタグ