日産「ジューク NISMO RS」が片輪走行の世界記録を更新!

2787

YouTubeの映像で紹介されているのは、日産のスポーツモデル「ジューク NISMO RS」の走行シーン。しかし、ただの走行シーンではありません。走行後間もなく右側の車輪を軸に2輪走行に入ったのです。

実はこれ、今年の「グッドウッド・フィスティバル・オブ・スピード」における片輪走行の世界記録に挑戦した模様なのです。(動画は記事の最後にあります。)

上手い、速い、カッコイイ!

結果、スタント・ドライバーのテリー・グラント選手が操縦するジューク NISMO RSは、 全長1.16マイル(約1.86km)のヒルクライムコースを2分10秒で走行し、世界記録の更新に成功しました。

ヒルクライムコースというだけあって、直線だけではなくコーナーがいくつもあり、それもきちんとトレースするだけではなく、約50km/hという平均速度も圧巻。

gigamen_Nissan_Juke_RS_Nismo01

ジューク NISMO RS」もカッコイイけど、テリー・グラント選手のテクニックが数倍カッコイイ!

多少ヒヤッとする場面もありますが、これはおそらくテリー・グラント選手のサービス演出でしょう。テリー・グラント選手はこれまでも2012年に「ジューク」で同世界記録を達成しており、その時の記録は2分55秒ですから今回は大幅に更新したわけです。

テリー・グラント選手は他にも「リーフ」でのリバース走行や、Jターンでの世界記録を樹立しています。完全にジューク NISMO RSを喰ってますけど。

見る価値ありの動画です!

このコースの最速タイムは、まともな4輪走行ですが、マクラーレン MP4-13(F1!)による41.6秒 という記録だそうですが、参考にはならないですね。

その妙技をぜひ動画でご覧いただきたい。

参照元:YouTube

この記事をシェア
0 0
記事のタグ