乗り手を選ぶクルマ登場。しかし、まともな買い手は選ばないかも。

2089
約3110万円詳細ページ

日本ではあまり知られていないが、ハイテクに頼らない古典的とも言える「ノーブル」のファンは多く、英国BBC放送の自動車バラエティー番組『Top Gear』の人気MC「ジェレミー・クラークソン」氏もその一人だ。もっともジェレミー・クラークソン氏の気に入るクルマが良いクルマとは限らない。ほとんどのクルマ好きの方は、彼ほど英国を愛していないし、彼ほど背も高くなく、リッチでもない。なによりも、彼ほど悪ふざけをしない。

2000年に名乗りを上げた英国のスポーツカーメーカー、ノーブル社は新型スーパーカー「Noble M600(ノーブルM600)」の概要を明らかにした。そのミッドシップの中身は、同社初の4.4リットルV8ツインターボ(650ps)を搭載。0-100km/h加速3秒、最高速362km/hの性能を発揮するには、電子的な補助なしでドライバーの腕だけが頼りだ。さらに、ノーブル社はNoble M600は、最大出力は750psまで引き上げることが可能だとしている。

Noble M600は、スチールチューブラーシャシーにカーボンファイバー・ボディパネルを組み合わせる方法で、車重を1275kgに抑えている。またこの車の最大の特徴といえるのが、ESPやABS、トラクションコントロールなど、現在のスーパーカーには当然の電子制御装置がまったく搭載されていない点かもしれない。トランスミッションも6速MTのみ。完全に乗り手を選ぶスーパーカーといえる。乗り手とは、「ジェレミー・クラークソン」氏みたいな人のことだろうか。

ノーブル社はNoble M600の生産を今秋からスタート。11月から納車を開始する予定だ。価格は20万ポンド(約3110万円)と予想されていて、すでに70台のオーダーを獲得しているらしい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ