大胆にもテンプルを無くしたサングラス、大量生産が決定

2372
85ドル(約9100円)~詳細ページ

今回紹介するのは、直射日光や反射光から目を守りながら、顔からずり落ちることなく、耐久性にも優れるサングラスです。米シアトル発、『オムブラウズ(Ombraz)』の大量生産を目指すプロジェクトが3月、クラウドファンディングサイトのインディゴーゴー(Indiegogo)で公開されました。

衝撃や傷に強く、かけ心地も抜群に良い。

『オムブラウズ』の最大の特長はテンプル(つる)の部分が紐になっていることです。結び目付きの紐とビーズがサングラスを頭にしっかり固定するので、顔が下を向いてもずり落ちず、強風にあおられたり、トレイルランニングやスキーをしたりしていても全くずれません。折れる可能性があるテンプルがないので、ポケットに入れて持ち運ぶこともできます。

サングラスはやはりレンズにも注目せずにはいられません。『オムブラウズ』のレンズはポリアミド製で、車のタイヤに轢かれても壊れないほど、衝撃や傷への耐久性に優れる一方、サングラスのかけ心地に直結する軽さを誇ります。また、偏光仕様にもなっているので、反射光をカットできます。スキーや釣りが好きな人にはうってつけのサングラスレンズです。

プロジェクトにとって嬉しい誤算の理由と今後。

『オムブラウズ』の大量生産を目指すプロジェクトは4月9日現在、目標額を大きく超える7万ドル以上を調達しています。これほどの支援が集まったのは、プロジェクトにとっても、地球にとっても嬉しい誤算でしょう。なぜならこのプロジェクトはカーボンネガティブ(大気中のCO2減少)を推進しており、サングラス1本の売り上げにつき20本の木を植えるとしているからです。

参照元:INDIEGOGO

この記事をシェア
0 0
記事のタグ