メリットだらけ! 立ちながらPCを使えるミニスタンディングデスク

2722
1万9500円詳細ページ

このミニスタンディングデスクを自宅や職場のデスクの上に置くと、PCを使う作業が立ちながらできるようになり、座りっぱなしがもたらす苦痛から解放されます。Loctek社が生み出した『M7SB』への支援を募るプロジェクトがクラウドファンディングサイト「Makuake」で目標額を調達しました。

首・肩の痛みにサヨナラし、気分転換も兼ねて足を鍛える。

『M7SB』は普段使っているデスクの上に載せて使います。ミニスタンディングデスクの調節レバーを押すと、天板とキーボード板がガススプリングによって12~40cm押し上げられ、PCを使う作業が立ったままできるようになります。55×42cmの天板には27インチのiMac、取り外し可能なキーボード板にはノートPCを置けます。立つのに疲れたら、天板を下げ、座って作業しましょう。

なぜミニスタンディングデスクなのでしょうか。座りっぱなしによる首の痛み、肩こり、腰痛に悩んでいる人は少なくないはずです。また、医学雑誌「JAMA」によると、1日の座位時間が11時間以上の人は4時間以下の人より死亡リスクが高まるとのこと。一方、立ちながらの作業には足がむくまない、足が鍛えられる、カロリーがより消費される、気分転換になるといったメリットがあるのです。

以前紹介した机付きフィットネスバイクは既に一般販売中。

『M7SB』への支援を募るプロジェクトは目標額の4倍超である120万円以上を調達しました。正式販売開始は5月下旬を予定しているとのこと。人間工学に基づいたオフィス用品を製造・販売しているLoctek社は過去5カ月でプロジェクトを2回成功させています。前回の机付きフィットネスバイクはGIGAMENでも取り上げているので、今回の記事と併せてチェックしてみてください。

参照元:makuake

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ