オペルモッカに自転車搭載可能バンパーが!

3285
$763-$1008詳細ページ

ドイツの自動車メーカー・オペルはドイツを代表する自動車メーカーで、現在はアメリカゼネラルモータス傘下となっている。そのオペルが2012年のジュネーブモーターショーで公開した最新のSUV車が「オペル・モッカ(Opel Mokka)」である。

全長は4280mmとコンパクトでオンデマンド4WDシステムを採用。道路ではFFモード、オフロードでは4WDモードとモードを切り替えることにより街乗り、オフロードのどちらも快適な走りを楽しめる事がオペル・モッカ(Opel Mokka)の最大の魅力だ。

そのオペル・モッカ(Opel Mokka)のバンパーにスライド式の自転車ラックが付属することが明らかになった。自転車を搭載する場合、バンパーの中に収納された自転車ラックが自動で登場する。後は目的地へと向うだけ。自転車を搭載しない時はまた収納状態にしておけば良いのでラックの取り外しの必要もなくなり、便利でスタイリッシュだ。

この自転車ラックには3台の自転車を搭載することが可能で、落ちることは絶対にないように設計されている。また防犯システムも装備されており盗難防止にも役立つのだ。外出時だけでなく、通常の自転車置き場としても使えそうだ。

自転車と自動車を融合させ、外出がより楽しくなりそうなオペル・モッカ(Opel Mokka)。発売に向けて目下開発中だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ