スマホを使って大切なペットの食事を遠隔操作できます。

1291

ある職場における昼休みの会話

部下「あーあ」

上司「どうしたんだい。ため息なんかついて」

部下「ペットが飼いたいんです」

上司「ペットブームだからね。飼えばいいじゃないか」

部下「でも僕は独り身なので、お昼ご飯を食べさせることができないから無理なんです」

上司「そうか」

部下「ワンちゃんと一緒に出勤してもいいですか?」

上司「おいおい、勘弁してくれよ」

部下「かわいい犬が飼いたいな。癒されたい!」

上司「そういえば、Pintofeed(ピントフィード)っていうのをネットで見たことがあるな。プロジェクト段階だったけど、資金調達に成功したはずだよ。Pintofeed(ピントフィード)平たく言えばペットの餌箱なんだけど、これに餌を入れておくわけだ。そして、Wi-Fi環境の中でiPhoneやスマホを使ってペットの食事を管理するんだ。朝、昼、晩と定刻に餌が出てくるようにセットしておいたり、急に帰りが遅くなるときでも、出張中でも、スマホの操作で餌を食べさせることができるんだ。食べた量なんかもチェックできるから安心だよ」

部下「Pintofeed(ピントフィード)があれば僕でもペットが飼えるってわけですね」

上司「そうだよ」

部下「でも、僕は直接ワンちゃんに餌をあげて、喜ぶ顔をみたいんですよ。そして、癒されたい・・・」

上司「なんも言えない」

この記事をシェア
0 0
記事のタグ