プロジェクトX ラストファイト 名車よ永遠なれを見よう!

245

(中島みゆき地上の星をBGMにして) 日産自動車が社運を賭けて開発したレーシングカー「プリンス・R380」。プリンス自動車工業のミスター・スカイラインこと桜井眞一郎氏などが中心となって設計、製造されたレーシングカーである。日産自動車とプリンス自動車工業は1964年に合併したが、合併後も開発は継続されている。プリンス・R380はプリンス自動車工業の意地とプライドが詰まった車として、現在も認知されている。

プロジェクトX ラストファイト 名車よ永遠なれ」では、NHKがプリンス自動車工業にスポットを当て、桜井眞一郎氏以下プリンス自動車工業がどのようにして伝説的レーシングカー「プリンス・R380」を生み出したのか、そして苦労して生み出したプリンス・R380が日本グランプリで惨敗し、どのようにして第三回日本グランプリでリベンジを果たすのか。その過程を追ったストーリーとなっている。スタジオに桜井眞一郎を招き、当時の話を聞きながら番組は進んでいく。桜井氏は残念ながら2011年に他界している。日本自動車界のレジェント、桜井眞一郎氏の思いを聞くことが出来る貴重な番組である。

カルロス・ゴーン氏が社長となり、歴史と伝統が失われてしまった感のある日産自動車。今一度プロジェクトX ラストファイト 名車よ永遠なれで日産を創った男の話を確認してみたい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ