スマホに接着可!カードも紙幣も鍵もマルチツールも入る極薄財布が大人気

1828
226香港ドル(約3600円)~詳細ページ

ミニマリストを目指している方は必読。香港発、真に必要なカード・紙幣・その他小物をまとめてコンパクトに持ち運べるスリムな財布「PUNCUBE 2.0」の先行販売プロジェクトが今春、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で34.9万香港ドル(約560万円)を調達しました。

表面はカード入れ。裏面には小物入れとバンドが

「PUNCUBE 2.0」の基本モデルの厚さは8mmしかありません。表面のカードホルダーにはカード7枚が入ります。筆者にはちょうどいい容量です。私事で恐縮ですが、普段は銀行のカード2枚、交通系ICカード1枚、IDカード1枚、診察券・保険証3枚を持ち歩いているからです。

財布裏面のカバー付き小物入れには鍵やオプションで注文できるミニマルチツールが3本入ります。マルチツールをサッと取り出せるのは便利です。同じ裏面にはシリコンバンドが付いており、ここには領収書や紙幣を挟めます。カードだけでなく現金も持ち歩けるのは悪くありません。

スマホスタンドに変形も。上級モデルの特長は…

「PUNCUBE 2.0」はiPhone 12や13、あるいはマグネットステッカーを貼ったスマホを持っている方にはより興味深い財布です。磁石が埋め込まれているので、スマホとまとめて持ち歩ける上、横向きにくっつけ、裏面下のカバーだけを開くと、スマホスタンドになるからです。

色々説明してきましたが、最後にProモデルについても触れます。最大の特長はカードホルダーに隠しポケットを備えていることです。AppleのAirTagを入れておけば、万が一財布を落としても、財布の現在地を把握できます。隠しポケットには硬貨やSDカードなども入れられます。

「PUNCUBE 2.0」の購入は4月中旬現在、Kickstarterプロジェクトページの[Pre-order!]ボタンから可能となっています。

<参考元>Kickstarter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ