東欧の長い歴史に触れる旅はどうでしょう? カタール航空、東欧路線の充実へ

2056

過去20年で最も成長した航空会社の一つであり、プロサッカーチーム・FCバルセロナのメインパートナーも務めるカタール航空は1月中旬、東欧路線の新規開設・増便計画を発表しました。

新規開設はドーハ=ソフィア直行便。開設は3月中を予定。他都市を経由する必要が無くなり、2都市間の所要時間短縮が実現します。

ソフィアは「ヨーグルト」「バラ」「世界遺産のリラ修道院」で知られる国ブルガリアの首都。欧州ではアテネに次ぐ長い歴史を有する都市は、世界文化遺産のボヤナ教会など、歴史を感じる建築物が多数存在します。

増便はドーハ=アンカラ、ザグレブ直行便。増便実施日は3月1日。アンカラ路線は週間6往復、ザグレブ路線は週間5往復で運航します。トルコのアンカラは、人類の歴史が始まった地域に近く、郊外には歴史を映し出す遺跡が数多く点在します。

gigamen_Qatar_Airways_Doha_to_Sofia01

カタール航空直行便が就航する日本の空港は…

新規開設・増便について、アクバ・アル・バクル最高経営責任者は「カタール航空は急激に拡大しています。ネットワーク都市の数を増やすだけでなく、提供するサービスも向上しています。

自信を持ってお届けする空のサービスは、開港してまもないハマド(新ドーハ)国際空港での乗り継ぎの便利さと合わさって完璧になります」と述べています。

なお、ドーハとカタール航空の直行便で結ばれている日本の空港は、羽田空港、関西国際空港、成田国際空港があります。

参照元:Qatar Airways

この記事をシェア
0 0
記事のタグ