カタール航空が地中海リゾート路線拡充へ 19年夏

1340

ドーハから地中海沿岸のリゾート地へのアクセスがより便利になります。カタール航空は2019年5月下旬から9月下旬までドーハとトルコのアンタルヤ、ボドルム、ギリシャのミコノス島、スペインのマラガを結ぶ直行便を運航します。

アンタルヤ、ボドルム、ミコノス線を増便へ。

カタール航空は18年夏に季節運航を実施したアンタルヤ、ボドルム、ミコノス、マラガ線に高い需要があると判断し、来夏はアンタルヤ線を週3往復、ボドルム線を週3往復、ミコノス線を週5往復に増便し、アンタルヤ線とマラガ線の全便で機材を大型化します。中東のハブ空港から地中海に面したビーチリゾートにますます行きやすくなります。

ドーハ=アンタルヤ、ボドルム、ミコノス線のフライトスケジュールは、日本からカタール航空便を利用した場合、ドーハでスムーズに乗り継げるように設定されています。成田からアンタルヤまでの旅行時間は最短で約19時間、成田からボドルムまでは約20時間、羽田からミコノス島までは約19時間です。

カタール航空のトルコネットワークは6地点。

カタール航空はドーハから地中海に面した国々の主要都市に多くの直行便を飛ばしており、トルコネットワークは6地点(アンタルヤとボドルムを含む)、ギリシャネットワークは3地点(ミコノス島を含む)、スペインネットワークは3地点(マラガを含む)となります。

参照元:Qatarairways

この記事をシェア
0 0
記事のタグ