1日7往復に! カタール航空、ドーハ=マスカット線の増便を決定

1109

アラブ・イスラム文化の宝庫へのアクセスが便利になります。カタール航空は6月15日からカタールの首都ドーハとオマーンの首都マスカットを結ぶ直行便を1日1往復増便し、1日7往復体制で運航します。

マスカットの名所は巨大モスク、要塞、市場など。

カタール航空はアラビア半島の東南端に位置するオマーンを訪れる観光客の増加に対応すべく、4月10日からドーハ=マスカット直行便を1日6往復に増便したばかりです。2カ月で2度の増便実施はオマーン最大の都市への旅に魅力を感じている人がいかに増えているかを示しています。

オマーン北部に位置するマスカットの名所は、オマーン最大のモスク(イスラム教の礼拝堂)であるスルタンカブース・グランドモスク、ポルトガル占領期に建てられたジャラリ砦とミラニ砦、ロイヤルオペラハウスなど。お土産を買うならマトラ地区のスーク(市場)がオススメです。アラブの伝統的な買い物文化に触れながら、金・銀製品、香辛料、手工芸品などを購入できます。

暑さが比較的厳しくない10月から4月がオススメ。

カタール航空はドーハとマスカット間を1時間50分で結びます。オマーンは中東諸国の中でも治安が安定している国の一つです。暑さがそれほど厳しくない時期である10月から4月にマスカットへの観光旅行を計画してみてはどうでしょう。

https://www.qatarairways.com/en/press-releases/2018/april/qatar-airways-to-add-two-additional-daily-frequencies-to-muscat-.html

この記事をシェア
0 0
記事のタグ