ピニンファリーナのボールペンはやはり美しい

2796

数多くのフェラーリをデザインしたことで知られるイタリアの自動車デザインメーカー、ピニンファリーナ。創業者のバッティスタ・ファリーナはフェラーリ・212などをデザインし、高い評価を得るのである。彼はフェラーリと良好な関係を築き上げ、現在の隆盛へと繋げている。フェラーリ側にしてみても、フェラーリの繁栄にピニンファリーナは欠かせないだろう。まさにwin-winの関係なのである。エンジンもウィンウィン言っているが。

そんなピニンファリーナはボールペンもデザインしている。今回新たに販売されるのが「ピニンファリーナ・カノビアーノ」をイメージしてデザインされた「ピニンファリーナ・カノビアーノボールペン」である。このボールペンは筆記用具ショー、ペーパーワールドフランクフルト2014で公開されたもので、インクやリフィルを必要とせず、永久に使用することが出来るボールペンである。ピニンファリーナ自動車も素晴らしいが、筆記用具もかなり素晴らしい出来なのだ。

いざボールペンを持って書こうと思うと、インクやリフィルがなくて書けないことは意外と多い。ピニンファリーナ・カノビアーノなら、その心配もないと言うわけだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ