Google技術者が開発!雨を教えてくれる傘立て「Raincheck」

1046
未定 詳細なし

出かける前に、傘を持っていこうか迷うことがあるアナタ。ひと目で天気の判断が付く傘立て「Raincheck」はいかが?このインテリアひとつで、お出かけ前の、「とりあえず今日の天気をチェック…」なんていう手間がなくなりますよ。

 

スマートかつクリエイティブな傘立て

「Raincheck」は一見、よくある木製の傘立て。しかしシンプルなつくりだからといってあなどるなかれ。その側面には、8つのライトが付いていて、晴れはブルー、雨のときは点滅、雪のときは白、警報レベルの荒れ模様だと赤いライトで警告、といった具合に天気をライトで知らせてくれます。
「Raincheck」内部の仕組みは、15分ごとにWi-Fiを通じて天気の情報をキャッチするというもの。Googleの現役技術者Nick Jonas氏が手がけています。
素材は落ち着きのあるブラックウォールナット。傘立てなので、内側はポリウレタンで防水仕様です。何と一つ一つニューヨークで手作りされています。

 

インテリアとしても十分おしゃれな「Raincheck」。これからはうっかり傘を忘れてきちゃった!なんてことがなくなりそうなアイテムです。

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ