幽霊?透明人間?謎の人間が生息する森

1484

ヨーロッパ北西部に位置し、イギリスの構成国であるスコットランド。そのスコットランドに透明人間のような幽霊が出現する「神秘の森」があるという。

写真を見ると本当に透明な物体がゆらゆらと森を歩いていることがわかる。ついに人類は幽霊を肉眼で捉えたのだ。大槻教授も目を丸くする大発見だ。この形のない謎の透明な幽霊たちが、人間の醜さを表しているかのようだ。無数に登場する透明な幽霊たちは一体何を訴えているのだろうか?神秘の森に足を踏み入れた時、幽霊たちの怒りが稲妻となり降り注いでくるのだろうか?この透明な幽霊たちが世界を支配し人類と大戦争になるのではないか・・。

そんな壮大なSF物語を連想させる神秘の森の透明な幽霊たち。本当に幽霊か!!と慌てふためいた方には申し訳ないが、実はこれは彫刻家のロブ・マルホラン氏が作った彫刻なのだ。プレキシグラスと言う光学レンズ等に使用する素材とメタクリル樹脂を使用し、この幽霊のような透明人間を作り上げたのだ。

彫刻が森林の色に染まる姿は、人間が文明の進歩の中で忘れてしまった大事なものを映し出しているように感じる。この彫刻たちが、我々にレインボーシャワーでパワーを与えくれるか、怒りのカピラリア七光線を浴びせてくるか・・。それは神秘の森のみぞ知る。

 

 

 

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ