看護婦が明かす!!死ぬ前の患者が後悔するトップ5

11989
未定 詳細なし

死は残念ながら避けられないことです。人生最後の時を過ごす患者の身近にいる看護婦によると、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということです。死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。看護婦が明かす、死ぬ前の患者が後悔するトップ5を紹介します。

トップ1. 自分自身に忠実に生きれば良かった

人の期待に応えるためではなく、自分らしく生きれば良かった。という後悔が最も多いようです。これまでの人生を振り返って、達成できなかった夢がたくさんあったことに気づくのだそうです。

自分らしく生きれば良かった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強い無念を感じるようです。

トップ2. 仕事を優先しすぎた

特に男性の患者に多かった意見が、あんなに一生懸命働かなくても良かった、ということです。いつも仕事を優先したり時間を費やしすぎて、家族と十分な時間を過ごせなかった、と後悔するのだそうです。

トップ3. もっと自己主張する勇気を持てば良かった

世間体を気にしたり、他の人の意見に左右されて自分の意見や感情を出せず、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。

トップ4. 友人をもっと大切にしておけば良かった

人生最後の数週間に、人は家族や友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。特に友人には、連絡を途絶えてしまう場合が多いです。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔も多いです。

トップ5. 自分をもっと幸せにしてあげればよかった

幸福は自分で選ぶもの、だという事を忘れがちですね。日頃の習慣やパターンに慣れてしまって、そんな生活を快適だと思いこんでしまうケースが多いです。死を直前に迎え、選択を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人も多いようです。

死は予測できませんね。いつ最後の時が来ても悔いのない人生をおくるために、この言葉を忘れず明日から生きていきたい。と強く感じる内容でした。

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ