睡眠のアドバイスならスマートアラームクロック「ZZZAM」大先生におまかせ!

1913
未定 詳細なし

忙しい時代に生きる私達にとって眠る時間を十分確保するのはなかなか難しいこと。でも、眠りは健康のバロメータ。

快眠を得ていないと、日中の仕事もはかどらなければ思わぬところでミスをしてしまったり、食べ物もおいしく感じなくなると言います。顔色も悪くていつも不機嫌、そんな人生では楽しくないですよね。

gigamen_Smart_Alarm_ZZZAM01

スマートアラームクロックZZZAM大先生に睡眠のアドバイスをうかがおう

捕獲しておいた快眠モンスターを使役するのか?と思ってしまうほどポケモンのモンスターボールにそっくりなこのアラーム、どうやらその推量どおりモンスターボールにヒントを得てデザインされたそう。モンスターボールのスクエアバージョンといったところ。

デジタル式の時間表示で、ボタンが真ん中に一つ。実にシンプルなつくりとなっていますが、見くびってはいけません。

スマートアラームとして基本的な機能をしっかり備えていて、数か月後にはZZZAM大先生ありがとう!と感謝することになるでしょう(大袈裟)。

ではモンスターボール、もといZZZAMの機能性などを見てみましょう。

・ユーザが眠る間に発する音、動き、そして体温を徹底検知

・目覚めたら、よく眠れたかあまり眠れなかったかをZZZAMに記録

・デイリーレポートで睡眠パターン(毎時間)を確認

・デイリーレポートを元に作成されたウィークリーレポートで睡眠パターンと睡眠のアドバイスを確認

「ユーザさん、昨日はすごく理想的な睡眠がとれましたね」など、「ああ、ちゃんと自分のこと考えてくれてる!」(これも大袈裟)と思えるコメント表示

・快眠のすすめと専門家の意見を確認(プレミアムユーザは専門医のアドバイスが聞けます)

・ユーザはスマートフォンで情報をチェック

・反応型LEDを採用しているので、光、音、動きに反応、バッテリーが長持ち

・操作はボタンを押してダイアルを回して時間設定するだけ

忙しい時代であるからこそ眠りの形が見直されています。最近では多くのスリープトラッカーがリリースされていてZZZAMもそれらデバイスの中の一つですが、必要となる基本的な機能をきちんと搭載していて、かつ見た目もすっきり。面倒な設定などもありません。

シンプルさを追求するならZZZAMで目覚めるのが一番!ではないでしょうか。

gigamen_Smart_Alarm_ZZZAM02

参照元:Yanko Design

この記事をシェア
0 0
記事のタグ