複雑な事は必要なし!シンプルで早く筋肉をつける方法

6756
未定 詳細なし

世の中には様々なトレーニング方法がありますよね。たまにジムに行って、「へぇ~あんなやり方もあるんだ。」と新しいことをついついマネしてしまいがちですが、そもそもなぜそのトレーニングをするのか?それはどこの筋肉をつけるためにしているのか?ということを把握しておかなければなりません。

そこで、シンプルかつ、早く筋肉をつける方法を見つけましたのでご紹介します!

秘密は「レストポーズドロップセット」

「レストポーズドロップセット」とは?

  1. 自分が持ち上げることのできる重さで6回から8回行う。
  2. 5秒休憩(レスト)し、さらに2回から4回行う。
  3. 25%の重さのウエイトを抜いて再度6回から8回を行う。
  4. 5秒休憩(レスト)し、さらに2回から4回行う。
  5. 25%の重さのウエイトを抜いて再度6回から8回を行う。

以下同じことを繰り返しながらあと3セット行い、トータルで6セット行う。

これが「レストポーズドロップセット」です。

なぜただ持ち上げて下ろすだけじゃないのか?

それは筋肉には3種類の筋肉があるからです。これを効率よく鍛えれば、通常よりも早く筋肉がつきます。

一番最初の一番思いウエイトを持ち上げるのはType IIB筋肉繊維(パワーを出す筋肉)を鍛えるためです。次にウエイトの重さを落とすことによってType IIA 繊維(筋肉を発達させる繊維)そして、20セット以上行うことによって Type I繊維(筋肉の耐久性)を一度に効率よくつけることができます。時間の短縮にもなるので、効率よく行えます。

またこちらはウエイトを素早く変えるためにもパートナーと行うことをおススメします。初心者の人はまずは1セットを目標に行い、アスリートの方は各エクササイズで行ってもよいですが、5セット以上行うことはあまりおススメしていません。

こちらのサイトで動画を見ることができます。

一つの筋肉を何セットもかけて作るよりもよっぽど効果的ですよね!予想以上にハードですが、筋肉つけたいなら頑張るしかありません!頑張りましょう!

参照元:Stack 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ