18金、120キロを内外装にあてた防手榴弾仕様のロールスロイス、6億8,000万円

2892
£5,200,000 (日本未発売) 詳細なし

007で敵役として登場したゴールドフィンガーが現在生きていれば、まず間違いなく欲しがったことでしょう。 じつに520万ポンド、日本円にして6億8,000万円という桁外れの「ロールスロイス(Rolls Royce Phantom)」は、リバプールを基盤に活躍するデザイナー、スチュアート・ヒューズ(Stuart Hughes)の製作、途方もない中東の富裕層を狙います。

べースはロールスロイス・ファントム。それ自体、33万ポンド(約4,300万円)の価格ですが、ヒューズは18金、120kgを使用して内外装をしつらえたほか、車体を強化し、防弾、防手榴弾の仕様としました。

アナウンスされている性能を信じるなら、570発以上のAK47の銃撃、2発以上の手榴弾に耐えられるということ。つまりは「Obamamobile」と呼ばれる米大統領公用車さえ凌ぐほどの装甲で、あなたの命は完全に守られるのです。

とはいえ残念ながら、ほぼ金張りともいえるロールスロイス(Rolls Royce Phantom)、520万ポンドという金額も、世界で最も高額というわけでもありません。ちょうど先月、1960年代に生産されたフェラーリ250 GTO が2,020万ポンド、日本円にして26億5,000万円で落札されたばかりなのですから。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ