スリープに喝!居眠り運転に喝!

1554
¥157,500詳細ページ

運転の大敵は睡魔だ。長距離運転になると座っているだけとはいえ、目や頭は緊張状態にあるため心身が非常に疲れてくる。そして、本能的に休息を取ろうとするため、睡魔が襲ってくる。
運転中に寝ると言う事は死を意味する。夜の高速を走っていると、不自然に揺れている車を目にすることがあり、こっちも不安を感じる。不幸な事故も後を絶たないのが現状だ。

この現状を打開しようと英知を結集し、開発されたのが「スリープバスター(Sleep Buster)」と言う車の座席シートだ。運転席のシートに測定センサーを内蔵し、ドライバーの心拍数・脈拍数・脳波から、眠気の注意散漫を事前検知して知らせると言う画期的なシステムだ。2004年から開発され、ようやく完成にこぎつけたのだ。
注意は「リラックス」「注意散漫」「疲労」などの7段階だ。反応が出ると、モニターに映し出された顔がアシュラマンのように怒りに変わり、「喝!」と大沢親分のように注意を与えてくれるのだ。

事故防止にも効果があるが、ドライバーの健康管理にも役立つ。専用ソフトを連動させる事によって、運転者の体調を管理することができるのだ。一石二鳥のスリープバスター(Sleep Buster)は一式で15万円程度と、ドライバーの命を守る器具にしては安い値段ではないだろうか。また、レンタルも視野に入れている。
ドライバーの注意散漫に喝を入れてくれるスリープバスター(Sleep Buster)は、車でデート中につい歩いている女の子に目が行ってしまい殴られるような“注意散漫で危険なあなた”をも守ってくれることだろう。

不幸な事故が一件でも減るように、ご意見番のように厳しい喝を入れてほしいものである。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ