起き上がり小法師で歯磨き粉を無駄にしないチューブRoly-Poly

1476

R-1グランプリで準優勝した事のある芸人、芋洗坂係長。彼はその昔、あるお笑いグループに所属していた。現在俳優や映画監督として活躍する田口浩正とのお笑いコンビ、「テンション」である。

テンションの持ちギャグと言えば「ロリポップロリポップ」と言いながら次々と繰り出すショートコントであった。芋洗坂係長こと小浦一優は、当時スリムでイケメンであった。

gigamen_Roly-Poly_Toothpaste01

起き上がり小法師式の歯磨き粉チューブ

今回紹介するのは、「Roly-Poly(ローリーポーリー)」である。テンションの2人が再結成したら、是非コントに取り上げて欲しい逸材だ。Roly-Polyは起き上がり小法師式の歯磨き粉チューブなのだ。

ロリポップロリポップうー・・と歌いたくなるが、これは非常に便利だ。チューブを起き上がり小法師とすることで、常にキャップを下向きに保ってくれる。つまり、常に歯磨き粉を出やすい状態に保つ事が出来るのである。

gigamen_Roly-Poly_Toothpaste02

 

これなら、朝の時間がない時間帯に歯磨き粉が出ず、イライラすることもなくなるのだ。小さな発明で、大きな効果が得られるのである。これは意外と、素晴らしい。Roly-Polyは現在市販の予定はないが、必ず世に出してほしい発明である。

 

参照元:Yankodesign

この記事をシェア
0 0
記事のタグ