「メルセデスS63 AMG クーペ」暗闇を切り裂き疾走する新型を観よう。

2312
未定 詳細なし

S63 AMG クーペ」は、Sクラス クーペの最高性能バージョンで、メルセデスはアストン・マーティン・ヴァンキッシュやベントレー・コンチネンタルGT、フェラーリ FFを直接的なライバルとして直接指名している。

gigamen_S_63_AMG_Coupe01

585馬力のクルーザー

ボンネットフードの中には、職人が1点ずつ組み上げる5.5リッターV8ツインターボエンジンを搭載。

最高出力は585馬力、最大 トルクは91.8kgmを発揮し、乾燥重量2070kgのS63 AMGのパワー・ウエイト・レシオは282ps/トンに達し、2069kgの「CL63 AMG」のそれよりも1トンあたりで14ps増しとなる。

この並外れたパワーはAMG7速スピードシフト・ギアボックス 「AMGスピードシフト」が伝達する。FRモデルと、4WDの「AMG 4マチック」を搭載するモデルも設定され、0-60mph加速は3.9秒となる。

gigamen_S_63_AMG_Coupe02

庶民はせめて映像で楽しもう

メ ルセデスベンツAMGは、新型S63 AMG クーペの最新映像を、公式サイトを通じて配信。『パフォーマンスアート』と題して、暗闇を切り裂くように疾走する新型の姿を伝えている。

メルセデス・ベンツ日本は2014年10月に、新型「Sクラス クーペ」の国内導入を発表。「S63 AMG 4MATIC クーペ」が2400万円、そして「S65 AMG クーペ」が3120万円となっており、2015年1月から納車が始まっている。

動画を見る

参照元:Car mag

この記事をシェア
0 0
記事のタグ