カスタム自由自在 グーグルのモジュラーフォンでしっかり健康管理

3415

グーグルが2015年末にリリース予定のスマートフォン、ARAをご存知だろうか?「プロジェクトARA」と呼ばれ研究が進められているこのスマホだが、後ろの外骨格部分がちょっとしたカスタムのプラモデルのようになっており、ブロック状のモジュールの取り付け・取り外しが可能。

この新世代のスマホに秘められた多くの可能性に、今全世界が注目を集めている。

個別に購入できるモジュラーにはLapka社のヘルスセンサーが導入される予定で、それにより湿度や体温、放射線、紫外線や一酸化炭素などの測定が可能。医療器具としての利用が可能となる。

見た目にもカッコいいスマホだが、デザイナーはNASAやイブサンローラン、さらには若者向けのスニーカーなどをイメージして作成しているとのこと。

gigamen_Project_Ara_modular_smartphones01

アルコール検知器としてのスマホ利用も

今後リリースまでの課題はバッテリーの減り具合の改良とのことだが、自分の手の中に即席ヘルスセンターが現れるようなイメージで、心拍数測定器やグルコースセンサー、アルコール検知器のモジュールも作成したいとのこと。

ちょっと運転して飲みに行くときなどは、ARAが手放せなくなる時代もすぐそこに来ているのかも。今のところプエルトリコのみでのリリースとなっているが、スマホが手放せない新しいモノ好きの方なら何としてでも今年中に手に入れてみたいのでは。

gigamen_Project_Ara_modular_smartphones02

参照元:Project Ara

この記事をシェア
0 0
記事のタグ