SamsungのSUHD(4K)テレビ、価格設定もウルトラ級

3532
未定 詳細なし

SUHDは次世代の4Kテレビとして登場したSamsungの新しいブランドだ。このブランドの新たな特徴として、再編成された映像エンジンや量子ドット技術、ローカルディミング技術、HDRコンテンツなどが挙げられる。これらによって色再現や輝度などがさらに改良された。

また人気の曲面ディスプレイも数モデルで採用されている。OSはオープンソースのTizen OSを起用している。

gigamen_Samsung_SUHD_4K_TV01

かなり強気の価格設定、最低価格でも2500米ドル

そのSUHDテレビの価格が先日リークされた。

一番安い48インチJS8500シリーズのフラットモデルがおよそ2,500米ドル、最も高画質な65インチJS9500シリーズのカーブモデルがおよそ6,000米ドル、最大の88インチJS9500シリーズの曲面モデルがなんと23,000米ドルだという。

以下がリークされた価格リストだ。

モデル サイズ(インチ) ディスプレイ 価格(米ドル)
UN88JS9500 88 曲面 22,999
UN65JS9500 65 曲面 5,999
UN65JS9000 65 曲面 4,999
UN55JS9000 55 曲面 3,999
UN48JS9000 48 曲面 3,499
UN65JS8500 65 フラット 3,999
UN55JS8500 55 フラット 2,999
UN48JS8500 48 フラット 2,499

これらはUPP(価格上昇圧力)に基づき製造業者によって設定された価格で、販売業者がこの価格から大幅に割引をする余地はほとんどない。テレビ市場を支配しているといっても過言ではないSamsungだが、これは少々、いやかなり驚きの価格設定ではないだろうか。

Samsungの広報担当者がCNETに明かした内容によると、リークされた価格は実際の価格設定とほぼ一致する内容だそうだ。気軽に買える値段でもないので、この価格設定がパフォーマンスに見合うものかどうかについては店頭で確認するしかない。

携帯電話同様テレビもスマート化を続けるが、それに伴い価格も上昇の傾向にあるようだ。Samsungのテレビ価格リストの公式発表は3月半ば、そして競争相手のLGも夏には新ラインアップを発表するだろう。だがLGのテレビもSamsung同様高めの設定になるとみられている。

いずれにしても2015年もSUHD対OLED、韓国の大手2社SamsungとLGの一騎打ちとなりそうだ。

参照元:CNET

この記事をシェア
0 0
記事のタグ