レンタルバイク予約システムScoot

1453

車をレンタルするレンタカー、自転車をレンタルするレンタサイクルは一般的に周知されているが、レンタルバイクはあまり周知されていないのが現状だ。日本でもレンタルバイクが出来る所は存在はしているものの、事故の懸念やバイクの管理上の問題からかあまり多くないのが現状だ。

アメリカ・サンフランシスコで、レンタル電気バイクがスタートする。このレンタル電気バイクには最新鋭のレンタルシステム「スクート(Scoot)システム」が搭載され、運用される。

スクート(Scoot)システムはスマートフォンを使ったレンタルシステムだ。まずスマートフォンで周辺から店舗を検索し、予約状況を確認し予約を入れる。 バイクのハンドル部にあるスマートフォンの差し込み口にスマートフォンを装着する事によりスマートフォンとバイクが連動され、スピードやナビ画面が表示される。それを元にレンタル電気バイクを走行させると言う試みだ。

スクート(Scoot)システムで予約をして走るのは良いけれど、慣れてないから怖いと言う人もいるだろう。 スクート(Scoot)システムを運用するScoot Networksではレンタル前の事前講習やトレーニングのサービスで慣れた後貸し出しを行うとしている。また最高速も48Km/hに抑えられ、安全性に配慮がなされている。

安全性などには若干の疑問はあるものの、ユーザーにとっては非常に便利なサービスのスクート(Scoot)システム。サンフランシスコに旅行した際に使ってみたいものである。

サンフランシスコは坂が多い。なので自転車よりもレンタル電気バイクの必要性があるのだろう。日本でもスクート(Scoot)システムを導入してもらい、横浜界隈のコクリコ坂を走りたいものである。

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ