目指すはベッカム!かっこいいヘアスタイルをつくるコツ

2572
未定 詳細なし

世の男性に、「かっこいいヘアスタイルの有名人は?」と質問すると、やはり、「デビッド・ベッカム」と答える人が圧倒的に多いようです。

イベントが目白押しの年末年始はもう目前。ベッカムのようにおしゃれにセッティングした髪で目立ちたいですよね。俺には有名なヘアスタイリストなんてついてないし・・・と嘆くあなた、かっこいいヘアスタイルをマスターするためのコツって実は簡単でお金がかからないことだったんです。

ヘアドライヤーの使い方をマスターするだけでかっこいいヘアスタイルが自分のものに

きまっているヘアスタイルの秘密とは、実はヘアドライヤーだったんです。ヘアドライヤーを使うと髪がパサパサになるから使わない、ドライヤーって女性が使うイメージなんだけど・・・などと言わず、ぜひ一度使ってみてください!

ドライヤーは、正しく使うことで髪を傷めず、潤いを保ったままかっこよくスタイリングできます。以下4つのコツを念頭に、シャワー後のドライ&セットを試してみてください。見違えるような結果に驚くはず。

1. 好みのセッティングをイメージしてあらゆる角度から風をあてる

前髪の流れは右、サイドは後ろへと、イメージする髪の流れにそって風を丁寧にあてましょう。癖付けができます。

2. 熱風と指をうまく使って形を作る

例えば、ぺたっとした前髪は、指やブラシを使って前髪をかきあげるようにしながら熱風を下からあてることで、ボリュームを取り戻すことができます。逆に、ボリュームが出すぎる髪は、髪をなでつけるようにしながら熱風を上からゆっくりあてることでボリュームを抑えることができます。

3. 風をあてる距離に注意する

水分が急速に失われたドライな質感の髪は、いくらかっこよくスタイリングしてもNGです。少なくとも15センチ頭から離れたところからドライヤーの風を髪にあてるようにしましょう。

4. 冷風ボタンを活用する

熱風で髪をある程度乾かして流れをつくったら、仕上げには必ず冷風を使うようにしましょう。仕上げに冷風を髪にあてることで髪に輝きが出るほか、セッティング効果があるためスタイリング剤をあまり使わなくてもピタッとイメージどおりのスタイルに仕上がります。

おすすめのドライヤーはセラミックドライヤーで、冷風ボタンがついているもの。今では、マイナスイオンドライヤーが一般的になっているので、乾かすだけなのだからと一番安いものに飛びつかず、なるべく髪にやさしいドライヤーを賢く選ぶと仕上がりが大きく違ってきますよ。

普段ヘアドライヤーを使わない人は、上記の方法で思い通りのスタイルをつくれるようになるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、慣れたら時間もかからず簡単です。髪の健康を考えたうえで、ヘアスタイルをスマートクールにきめるのが本当のできる男!

スタイリング剤などにこだわる前に、まずはヘアドライヤーを使ったセッティングとスタイリングをぜひお試しあれ。

参照元:Valet.

この記事をシェア
0 0
記事のタグ