鍵閉め忘れも問題なし!スマホで施錠・解錠できるスマートロック

936
1万4800円詳細ページ

スマホがあなたの家の鍵になり、自動施錠・解錠が実現し、「玄関のドアをいつ、誰が開けたのか」という確認もできるようになりました。世界中のほとんどの錠に対応するスマートロック『セサミ(SESAME)』が好評販売中です。

鍵をシェアしつつ、人の出入りのチェックも可能。

『セサミ』の設置は絶縁シートを抜き取り、接着テープを剥がし、玄関ドアの内側にあるつまみに取り付ければ完了。専用アプリをダウンロードし、登録すれば、スマホの画面に現れるつまみをタップして施錠したり、ポケットの中のスマホをノックして解錠したりできます。

あらかじめアプリで設定すれば、スマートロックが鍵を閉め忘れたあなたの代わりに施錠し、帰宅直前のあなたのスマホに反応して解錠してくれます。Siri、Googleアシスタント、Amazonアレクサにも対応しているので、あなたの声で施錠・解錠することも可能です。

スマートロックを取り付けることで、合鍵の製作は不要になります。あなたがアプリを通じて家の鍵をシェアした人、例えば家族・恋人はスマホがあれば玄関から室内に入れます。とは言っても、自分が不在の時に誰が鍵を使ったのかは気になるところ。センサー付きのスマートロックはアプリを通じて施錠・解錠した人とその日時、玄関ドアがノックされた時間を教えてくれます。

 Wi-Fiアクセスポイント設置で遠隔操作もできる。

スマホとBluetoothでつながる『セサミ』ですが、Wi-Fiアクセスポイントをスマートロックの5m以内に設置すれば、より便利になります。家から離れた場所に居てもネット環境があれば、入退室の履歴をリアルタイムで確認できるからです。また、あなたと鍵をシェアしていない家族・恋人があなた不在の家の前で立ち尽くすこともありません。遠隔操作で解錠してあげましょう。

なお、スマホを落としたり、スマホがバッテリー切れになったり、あるいはスマートロックの電池が切れたりしても、従来の鍵があれば施錠・解錠可能なのでご安心を。販売元のキャンディハウスジャパンは4月中旬からコンパクトサイズの「mini」を発売すると公式サイトでアナウンスしているので、そちらも要チェックです。

参照元:CANDYHOUSE

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ