シンガーの手によって生まれ変わる「ポルシェ911」。

10145

シンガー・ビークル・デザイン社(Singer Vehicle Design)」が製作したライトブルーの「ポルシェ911」はまるで。新車のような輝きを放っています。米カルフォルニア州のシンガー・ビークル・デザイン社はクルマを新たに生産・販売するのではなく、現存するポルシェなどの名車をモデファイする会社だ。

gigamen_Porsche_911_by_Singer_Vehicle_Design01

つまり、いい仕事をする会社だ。

シンガー・ビークル・デザイン社が手掛ける「ポルシェ911」は並々ならぬ努力ときめ細やかさが注ぎ込まれている。完全にオーバーホーリするためには、フレームからナットからビスに至るまで、完璧で徹底的な作業が行われている。そして270馬力と360馬力のふたつのエンジンを選択できる。

gigamen_Porsche_911_by_Singer_Vehicle_Design02

「シンガー・ビークル・デザイン社」について

2009年に米クラッシックカーイベント「ベブルビーチ・コンクール・デレガンス」発表したのが1号車だ。この「ポルシェ911」を仕上げたのは「ロブ・ディキンソン氏」だ。彼はもともとは自動車業界の人間ではなかった。

英国の「キャサリン・ホイール」というオルタナティブ・ロックバンドで1990年~2000年の期間、ボーカルを務めていたという。熱烈なポルシェの愛好家だった彼がバンド解散後に設立したのがこの会社。

それでシンガー・ビークル・デザイン社という名称になったわけだ。音楽とポルシェを愛する方なら、ぜひ注文なさってはいかがですか?

参照元:Porsche 911 by Singer Vehicle Design

この記事をシェア
0 0
記事のタグ