【動画】無人機と自動車を融合したプロジェクトは実現するのか 仏ミックス・エアロスペース社が資金調達を実施中

1129
~€2,250,000詳細ページ

あなたはご存知でしょうか。フランスのミックス・エアロスペース社が空飛ぶ自動車「スカイリス(SKYLYS)」の開発プロジェクトの準備を進めていることを。米クラウドファンディングサイト・インディゴーゴーで225万ユーロ(約3億2000万円)の資金調達を目指しています。

無人機と自動車を融合した空飛ぶ自動車の構想は4年前に誕生しました。飛行機部分が自動車部分を包み込むイメージで、分離が可能。プロモーション動画からは、軽自動車と同じくらいの人が乗り込めるようです。

ミックス・エアロスペースの関係者は「都心での利用(一般道の走行)を想定した、電気駆動の空陸両用車の実現を目指す」としています。

gigamen_SKYLYS

映画の世界に登場しそうな空飛ぶ車、搭乗できる日は来るのか

空飛ぶ自動車スカイリスは、警察や救急隊の利用を想定。混雑している道路の上、交通事情が悪い地面の上を飛行できれば、レスキューの切り札になること間違いなしです。

一般市民が利用する場合も、駐車スペースの問題が生じるとはいえ、渋滞緩和の推進や移動時間の短縮といったメリットが考えられます。免許については、ヘリコプター免許と普通運転免許を想定しているとのこと。

gigamen_SKYLYS01

 

「スター・ウォーズ」シリーズに登場しそうな空飛ぶ車スカイリスの開発は、夢のあるプロジェクトであるとはいえ、いささか現実離れしているのか、クラウドファンディングでの調達には苦戦している模様。プロジェクトの成否が判明するのは5月15日です。

 

記事元:GIGAMEN

参照元:スカイリス(SKYLYS)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ