人とコミュニケーションがとれる車が当たり前になる

1575

「人とコミュニケーションをとれる車」の開発に世界のメーカーが躍起になっていますが、トヨタ自動車が「CEATEC JAPAN 2012」で本当に人とコミュニケーションをとれる車「Smart INSECT(スマートインセクト)」を発表しました。

一人乗り小型電気自動車のSmart INSECTはモーションセンサーで人を認識する事ができます。ユーザーは予め音声、顔写真を登録しておきます。車に人が近づくと個人認証を開始し、登録されている人間と判断すると自動でドアを開けます。さらにフロントライトを点滅させ、モニターに「Hello」と文字を表示しあなたを歓迎してくれます。また人間の腕の動きにも反応し、ドアを自分で開けることもできます。

さらに車内はトヨタスマートセンターとオンラインで繋がっており、エージェントと呼ばれる自動音声装置に向かって目的地を伝えるだけで自動でナビをしてくれます。とにかくユーザーは面倒な操作をすることなく、近づけばドアが開き、「寒い」と言えば室内温度を上げ、「暑い」と言えば温度を下げ、「車と会話する事」で動かす事の出来る夢の車です。

トヨタは販売は予定していないとの事ですが、Smart INSECTに搭載されている個人認証技術やエージェント機能は2年後の導入を目指すとしています。車と会話しながらドライブを進める。そんな時代が目前に迫っています。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ