料理がデキル男なら今すぐ欲しくなる「Smithey Ironwareの鉄フライパン」

1833
未定 詳細なし

調理師や料理好きな人なら鉄フライパンや鉄なべはキッチンの必需品でしょう。ですが、一般的には鉄器は使いづらいといったイメージを持っている人が多いようです。

最初に空焼きをする必要があったり、お手入れが面倒だったり、焦げ付きが気になったり、重かったり。結局そんな理由から、鉄フライパンや鉄なべを避けて、食材がくっつきにくく手入れも簡単で軽量のステンレス製やセラミック製のものを選んでしまうんですよね。

Smithey Ironwareの鉄フライパンなら悩みゼロ!

米国発の鉄器製造会社「Smithey Ironware」は、企画・開発に何年も費やして、従来の鉄フライパンに見られる「あるある」な問題を見事解決してくれました。

普通の鉄フライパンはザラつきが感じられる仕上がりなのですが、Smithey Ironwareの鉄フライパンは滑らかな仕上がりで、ザラつき感は究極まで抑えられています。

また、熱をしっかり保つため、温度の管理がしやすいという利点も。

Smithey Ironwareの鉄フライパンさえあれば、朝食のベーコンも、サーモンのフライパンローストも、ステーキ肉にじゅ~っと焼き色をつけるのも、オムレツをつくるのもラクラク。そして何よりも、おいしさが違うんです。

オーブンにキャンプファイヤーだって大丈夫!

ステーキ肉においしそうな焼き色がついたら、鉄フライパンをそのままガスコンロからオーブンに移して次は長時間ロースト。キャンプ時にもキャンプファイヤーにかけて調理できます。超高温にも耐えられる丈夫な鉄フライパンだからこそ、調理はこれ一本でOK。いろいろと洗う手間も省けます。

デザイン的にも優秀なSmithey Ironwareの鉄フライパン。左右に注ぎ口がついていて、ソース類も扱いやすくなっています。持ち手とフライパンの上部に穴があいているので、使用時以外はキッチンの壁にさりげなくぶらさげておけばインテリアとしても楽しめます。底部にはカリフォルニアの州鳥カンムリウズラをモチーフにした素敵なロゴが施されているので、底部を見せるようにしてぶらさげるとオシャレです。

調理面の直径は23センチ。深さは5センチ。2-3人分の調理にぴったりのサイズで、大きすぎず小さすぎず。収納の際も邪魔にならない最適のサイズではないでしょうか。

鉄フライパンだからこその「エルゴノミクス・デザイン」

持ち手には人が感じる使いやすさを追求したエルゴノミクス・デザインが採用されています。鉄フライパンなのに重さが負担にならず、調理しやすいと感じられるのはかなり大きな魅了ですね。

お値段は160米ドル。長く使えば使うほど味が出て愛着がわく鉄フライパンなので、これはかなり低い価格設定では?

持てば一生ものといわれる鉄器。だからこそ、質感、調理性能、サイズ、デザインと細部までとことんこだわったSmithey Ironwareの鉄フライパンは絶対買い!なデキル男のキッチンアイテムです。

が、評判が評判を呼び、現在は在庫切れとなっていて、再入荷ははやくても10月末なのだとか。そう言われると今すぐにでも欲しくなってしまいますが、どんな料理をつくろうかと考えたり、毎日の手入れの様子を妄想したりして、ゲットするまでワクワクしながら待ちましょう。

参照元:The Coolector, Smithey Ironware

この記事をシェア
0 0
記事のタグ