太陽日食メガネで金環日食を見逃すな!

1043

日食とは月が太陽を横切る事により、太陽の一部が隠れてしまう現象だ。2009年には大規模な部分日食が起こり屋久島・奄美大島北部では46年ぶりに皆既日食を観測した。
めった観測できない日食だが、次回の金環日食は今年5月21日だ。21日に観測できる日食は月のまわりから太陽がはみ出して見える 金環日食だ。また2012年6月6日には金星が太陽を横断する金星日面通過も観測できる。

裸眼で太陽を覗くと失明のおそれがある。そこで登場するのが「太陽金環日食メガネ
」だ。 奇抜なデザインで、ちょっと身構えてしまいそうな太陽日食メガネだが、性能のほうは折り紙つき。EUの品質基準、日本のJIS基準に合格しており、日食観測にはピッタリのメガネなのだ。

太陽金環日食メガネをシャキーンと装着して人生で一度かもしれない天体ショーを目に焼き付ける。5月21日と6月6日の過ごし方は、これで決まりだ。

ちなみに外出の際に太陽金環日食メガネをかけて出かけるのも、目の保護になる。但し、周りから色眼鏡でみられてしまうかもしれないが・・・。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ