今まで聴いていた音楽の世界が確実に変わる(実話)

1580

今回は完全に私物の紹介です。以前「SubPac (音響体感バックレスト)」を紹介させていただいたが、ここの冒頭でちょろっと触れたモニターヘッドフォンというのが「SONY MDR-CD900ST (ソニー MDR-CD900ST)」。ミュージシャンのスタジオ光景などでボーカルトラックを入れている場合、使用されているのがほぼSONY MDR-CD900STなのである。これよりも値段が高かったり、SN比など基本スペックがよいとされるヘッドフォンはもちろんある。さらに「音」というのは個人の嗜好もいいとこである。

楽曲の制作者だって、自分の作品を忠実に届けたいし、聴いてもらいたいのは当然である。だが、この「原音忠実」が実は個々のリスニング環境に左右される。それを誤差ととらえるならば、全ての音に対する「誤差」を補正してしまう。つまり環境やプラットフォームを選ばずに、本来の音が再現できるのがこのSONY MDR-CD900STだ。聞き慣れたいつもの音をこれで聴いてみて欲しい。それが全てだ。

ついでに自分で撮影した、マイSONY MDR-CD900STの画像をサイトアップ用に編集部に送った。この気合の入りっぷりに、ドン引きされてスルーされそうな予感が。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ