箸がストローという大発明 これはビックリ

1194

「お箸の国の人だもの」と言うCMが大昔流れていたように、日本人にとって箸は切っても切り離せない食器です。日本人なら、難なく使いこなせる箸ですが、アメリカやヨーロッパの人々には全く馴染みのない食器でした。しかし最近は日本食や中華料理が世界に広がり、アメリカやヨーロッパの方々も箸を使うケースが増えているようです。上手く出来ない箸の操作に、辟易としている人も多いようです。

箸の使えない俺達でもラーメンが食いてえんだよ!そんな想いから作られたのが「Soup Stick (スープスティック)」です。そのまま訳すと、「スープ箸」。ラーメンにSoup Stick (スープスティック)に挿したら、ストローのように吸ってください。箸がストローになっているのですから、ジュースを飲むような感覚でラーメンのスープを飲む事ができるんです。

日本人にとってSoup Stick (スープスティック)を使用するのはちょっと抵抗があるし、下品にも映りますが、欧米人からすると、どんぶりに口を付けてスープを飲む方が汚く感じるのだそう。こればかりは、文化の違いですから仕方ありませんね。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ