うるさい相手を黙らせることができる最強の装置

10493

「アイツ会話が長いなぁ」とか、「最後まで人の話を聞けよ!」
会議などの場で、そんな思いをしたことはないだろうか。おおよそ本題とは関係のない話を長々と喋っていたり、自分の発言のさなか突然割り込んできて、意見を上被せされてしまったり。議論や討論といった場での暗黙のルール、適切な発言権の交代を守れない、いわゆる面倒な人。

じつは、そんなやっかいな奴を、一撃のもとに黙らせてしまう画期的なアイテムがあるのだ。それが「SpeechJammer(スピーチジャマー)」だ。
黙らせたい相手の口元に機会を向けて、トリガーをビーっと引くだけの超簡単操作。たったこれだけで、相手はなぜか上手く話すことができなくなってしまうという。

これなら、例えば教壇に立つ先生。いつまでもお喋りをやめない生徒にSpeechJammer(スピーチジャマー)を向けてビーッ!快適な授業になるかもしれない。また、一方的な考えをひたすらに押し付けてくる上司とのミーティング。ビーッとやれば、円滑な会議とスムーズな意見交換ができるようになるかもしれない。

ただし使用には注意が必要だ。相手の会話が長いとか、面白いとかつまらないなどは、はっきり言って個人の感覚によるところ。もしも、本当にこんなものが実用化されて一般化し、スマートフォンアプリなんかで使えるようになってしまったらと思うと。なかなか恐ろしいものがある。「うるせーコノヤロー!」で撃ち合いになってしまわないだろうか。

しかし、SpeechJammer(スピーチジャマー)を使用しないと相手の会話を制することができないのか。なにやら、現代社会のコミュニケーションの希薄さが形になったようである。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ