バーコード不要!オブジェクト認識スキャナ付POSレジ

3623

スーパーマーケットなど販売店で使用されているレジはPOSシステムの一環である。POSとは「Point of Sale」の略で、取引が行われる場所と言う意味だ。
昨今POSシステムを導入している店舗は多い。スーパーマーケット、ドラッグストアなど販売店に行くとよく見かける。なぜ導入するかご存知だろうか。商品には予め登録されたバーコードが付けられている。そのバーコードをPOSレジで売上登録することにより、後にどの商品がどれだけ売れたか分析、後の売上管理や在庫管理に役立てると言うものである。

現在の主流はバーコードによる管理で、店員がPOSレジのスキャナに商品のバーコードをかざすことにより売上登録を行っていた。バーコードが反応せず店員が困ってるケースを目にしたことがある人も居るだろう。

しかし今後その作業も不要になるかもしれない。2012年リテールテックJAPANに東芝テックが出品したレジ「オブジェクト認識スキャナ付POSレジ」を発表したのだ。
現在までバーコードスキャナが付属されていた部分にCCDカメラを設置し、このカメラが直接商品を読み取るのだ。商品を瞬時に読み込めるよう工夫されている。

システムの流れとしてはあらかじめ東芝テック側で野菜などの商品マスタを登録しておき、読ませることでDBを参照。読み取った商品を判断し認識する。似たような野菜や珍しい野菜などの判断・登録がこれからの課題になる。
野菜だけではなく、割引シールなど他にも汎用性がありそうなオブジェクト認識スキャナ付POSレジ。但し参考出展との事で実用化には様々な課題をクリアする必要がありそうだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ