夢の時速700キロエンジン

1429

F1の速度は速くても400キロくらい。そのさらに上を行く700キロを誇るエンジンがこのたび開発された。最速は744キロ。まさにリミッターなし。700キロという事は新幹線よりもかなり速い。動画が公開されているがもう高速も高速。マッハな速さだ。この飛んでいくような感覚を体感したいと言う人もいるだろう。

700キロで常時走行した場合我々には目にも止まらないかもしれない。目にも止まらぬ早業で走るエンジン700キロである。正直700キロのエンジンを実用化という事になるとなかなか難しいものがあるだろうと思う。

しかしこの男たちのより速く、誰よりも速く走りたいと言う欲求。それにしてもこのドライバーにかかる体の負担も相当なものだと思われる。他人から見たらくだらないことでも一生懸命やる男たち。

まさに男のロマンである。世界最速を叶えようとする男たちの戦いにこれからも注目だ。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ