その名はムシトカゲ!シェルビーが市販車最高速へ挑戦する!

3106

市販車最速への挑戦は止まる事を知らない。市販車最速ブガッティ・ヴェイロンスーパースポーツの座を奪わんと、アメリカのメーカー、シェルビーは「Tuatara (トゥアタラ)」を開発し勝負に挑む。

Tuatara (トゥアタラ)フェラーリP4/5ピニンファリーナをデザインしたジェイソン・カストリオタ氏が完全プロデュース。彼の手によってフェラーリにも負けないクールな一台が誕生した。ボディは全てカーボンファイバー製で、無駄を極限まで切り落とす事により軽量化に成功。軽量化されたボディと新開発の7リッターV8エンジンで世界最速の市販車431km/hに挑戦する。

Tuatara (トゥアタラ)が世界最速市販車の座に付く可能性は、非常に高いのではないかと言われている。ブガッティ・ヴェイロンが431km/hと言う記録を達成する以前の2007年シェルビーのアルティメット・エアロが当時世界最速記録となる414km/hを達成しているからである。

世界最速市販車は速度と共に販売台数も記録の対象となる。Tuatara (トゥアタラ)の挑戦は間もなく開始される。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ