アウトドアの暗がりで、スマートに地図を読む方法

1254

仰々しい仕草は粋じゃない。それは昔から野暮と呼ばれて来た。例えばアウトドアの暗がりで、道に迷ってパーティの皆が困った時、サッと地図を取り出して方向を見定めるのはカッコいいのだが、この時、でっかい懐中電灯を片手に大きな地図と格闘するようでは、スマートとは言えない。

ではそんな時、スマートな男たちはどうするか? 「BrimLit LED Hat Light (ブリムリット LED ハットライト)」を使うのだ。BrimLit LED Hat Lightは、帽子のツバに取り付ける、軽い、薄い、フレキシブルなLEDライト。BrimLit LED Hat Lightを付けておけば、両手フリーのまま暗がりで地図が読めるだけでなく、早朝暗いうちからのフィッシングや、愛車の下にもぐり込んでの修理にも便利だ。

え? それならばライト付きのヘルメットを持ってるって? 実は私も、ヘルメットではないが、四角い形の懐中電灯に太いゴムバンドが付いていてヘアバンドのようにして頭に被れるものを持っている。が、これこそ野暮中の野暮。買ったことを今は深く反省している。(でも、その頃、LEDのなんてなかったんだもん……)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ