奥を覗くと球場模型! MLBテレビ観戦の傍らにこのサイドテーブルを

625
499.95ドル(約5万6000円)詳細ページ

MLBのテレビ観戦の合間に、その試合が行われている球場を俯瞰してみませんか。天板の下に球場の模型が埋め込まれたサイドテーブル『スタジアム・レプリカ・エンド・テーブル』が米ショッピングサイト「ハマカー・シュレマー」で好評販売中です。

ラインアップはヤンキースなど全6種類。

『スタジアム・レプリカ・エンド・テーブル』の天板表面は透明なガラスになっていて、表面上部から中部にかけて球場の模型が埋め込まれています。奥を覗くと、グラウンドの芝・座席・照明が丁寧に再現されているのがよく分かります。表面下部にはその球場を本拠地としている球団のロゴ・球場のオリジナル画・開場日・収容人数が記されています。

棚板に選手名鑑や雑誌を置ける『スタジアム・レプリカ・エンド・テーブル』は、ダルビッシュ有投手が所属するシカゴ・カブス、前田健太投手が所属するロサンゼルス・ドジャース、田中将大投手が所属するニューヨーク・ヤンキースなど全6種類から選べます。ユニークなサイドテーブルは各球団から公式ライセンスを受けているので、何十年か経ったらプレミアがつく可能性があります。

発送範囲は米国とカナダに限られる。

大きさ60×56×56cm、重さ23kgの『スタジアム・レプリカ・エンド・テーブル』の発送範囲は米国とカナダに限られています。ただ、いつか日本にも発送される日、あるいは日本のプロ野球球団が熱心なファン向けに公式サイドテーブルを売り出す日が来るかもしれません。

参照元:hammacher

この記事をシェア
0 0
記事のタグ