ついに階段を克服したスケートボード

1782

イギリスのプロダクトデザイナーの製作した「Stair Rover」は階段まで下ることのできる画期的なスケートボード。構造はそこまで複雑なものではなく、見た目は前と後ろにそれぞれ八個ずつ車輪が付いたデザインをしている。

しかしこの八個の車輪達が最も重要なポイントで、階段を下りる際にそれぞれの車輪が連動して段差を通過することによって、ボード自体の傾きは保ったまま階段を下りることが可能になってるのである。

なお、平地を走る際はタイヤはすべて地面に接地しているので、普通のスケートボードと大差なく操縦することができる。現時点では発売時期や価格は未定だが、動画では実際にStair Roverで階段を下りる姿を見ることができるので、是非一度覗いてみて欲しい。

STAIR ROVER from Po-Chih Lai on Vimeo.

この記事をシェア
0 0
記事のタグ