スター・ウォーズ公認の、ライトセーバーお箸

1088

映画「スター・ウォーズ・シリーズ」で、ジェダイの騎士が持っていた架空のレーザー長剣。それがライトセーバーだ。普段はメタリックな柄の部分しかないのだが、ボタンを押すと、レーザーの刃の部分がビヨーンと出て来るアレだ。これを模したいろんなおもちゃが発売されているが、まさか箸にまでなっているとは知らなかった。「Star Wars Chop Sabers (スターウォーズチョップセイバー)」はライトセーバーそっくりのお箸だ。ただし、レーザーの青い部分はいつも出たまんま。

Star Wars Chop Sabersは、単なるパロディ商品ではない。スター・ウォーズを制作したあのルーカスフィルムと、正式なライセンス契約をして作られているのだ。言ってみれば、スター・ウォーズのオフィシャルお箸。柄の部分の細工のリアル感は並じゃない。メタリックな質感や窪みや溝の一つ一つが、いかにも本物っぽい。映画に登場するライトセーバーは、レーザーの刃の部分に4色の種類があるが、Star Wars Chop Sabersはそのうちのブルー。主人公のひとりルーク・スカイウォーカーが持っていたものの色だ。青い部分が光る、ということは残念ながらない。また、映画のようにスパッと肉が切れるわけではない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ