メキシコにスティーブ・ジョブズの忘れ形見が登場?

1852

Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズが発注したヨット、「ビーナス号」。一説にはこのビーナス号はスティーブ・ジョブズが家族のために残したヨットであると言われている。あくまでも一説であり、真偽の程は不明である。現在誰が所有していて、どこを航行しているかも、謎に包まれているのだ。

そんなスティーブ・ジョブズのビーナス号がメキシコに現れたと話題になっている。発見したのは、港で働く海の男たちだったようで、「この豪華すぎるヨットは何だ?」と話題となったのだ。彼らはこの豪華すぎるヨットがビーナス号であるとは知らなかったようで、Cult of Macというメディアが、「これはスティーブ・ジョブズのビーナス号である」と写真入りで大々的に報じ、発覚した。

所有者は明らかになっていないが、先月はカボ・サン・ルーカス、その前はアムステルダムで目撃されている。おそらく、悠々自適な船の旅を楽しんでいるものと思われる。これだけの大きなヨットになると、誰が操縦しているのかも気になる。様々な事が謎に包まれたヨットである。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ